GPS活用策 若いママの提案

若いママが綴ったGPSの活用策

最近やたらと物騒なニュースばかりが飛び込んでいるように感じます。
子どもの誘拐や性被害、私の近所でも不審者情報が入ってきたりすることがあるので、とても他人ごとは思えなくなってきました。安全な時代に育った親世代には計り知れない危険が子どもたちを取り巻いています。
まだ幼稚園くらいまでの小さいうちは、親が何処へ行くにも一緒なので、目さえ離さなければ犯罪に巻き込まれるようなこともなくて安心ですが、怖いのは小学校に入学してからです。小学生にもなると登下校、塾や習い事の行き帰り、外遊びからなかなか帰ってこないときなど心配になることも増えていくと思います。
子ども達が自分たちで自分の身を守るときの防犯グッズとしては、私も小学生時代に使っていた防犯ブザー。怖くて声が出ないとき大きな音で周囲に危険を知らせられるのでそこはいいと思います。しかし誤ってブザーが外れてしまうことも多く、肝心なときに電池切れて鳴らなかったというケースもあるようです。あとは周りに人がいなかった場合助けてくれる人がいなかった場合が問題です。なので小学生の子どもを持つ親のみなさんなら、「子どもの居場所を追跡・確認したい」と思う経験が少なからず出てくるのではないかと思います。
入学したての頃は、きちんと学校に行けているか、ひとりで帰ってこられるか心配です。高学年になれば塾や習い事にも一人で行くようになって、その道中が気になってきます。
通学、通塾に慣れてくると、今度は寄り道や道草をしてなかなか帰ってこなくて、事故や事件に巻き込まれていないか心配になりますし、万が一の追跡や緊急対応ができたらと考える人も多いでしょう。
そんなときに役立つグッズとして真っ先に携帯電話やスマートフォンが浮かぶます。GPS機能が搭載されていればすぐに子どもの居場所を確認することができるので持たせていると安心ですよね。しかしながら、し携帯電話やスマートフォンは公立の小学校では原則、持込が禁止されています。親として登下校中の情報が知りたいところですが、学校のルールは守らなければいけません。
そこで私はGPS発信機に緊急通報の機能を加えた、子どもや高齢者向けの防犯用端末が注目されてレンタルもあると友人から聞きました。メインの発信機で子どもの居場所が追跡ができ、万が一の備えにもなります。GPS発信機子どもに持たせておくことで現在地が追跡できて、小学校のルールに触れないため、離れた場所から子どもを見守れるますから時代に合っている防犯グッズなと思います。
子どもたちにとってどこにいても安全とは言い切れないような今の時代。自分の愛するわが子が危険な目に遭わないように、いざというときにきちんと防げるような対策を子どもと一緒に考えていきたいと思います。

レンタルGPS発信機




GPS発信機


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック