GPS活用策 若いママの提案

若いママが綴ったGPSの活用策 最近やたらと物騒なニュースばかりが飛び込んでいるように感じます。 子どもの誘拐や性被害、私の近所でも不審者情報が入ってきたりすることがあるので、とても他人ごとは思えなくなってきました。安全な時代に育った親世代には計り知れない危険が子どもたちを取り巻いています。 まだ幼稚園くらいまでの小さいうちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPS活用策の今後

仕事柄、車を運転するとき重宝なのがカーナビです。これがあると初めて訪問するお客様のご自宅に容易く辿りつけます。でもカーナビはGPS(グローバル・ポジショナル・システム)の受信機で発信機ではありません。よって、私の車が今どこにあるかを見つけるためには車に発信機となるGPSを取り付ける必要があります。 GPSと聞けば浮気調査のために活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自筆証書遺言

自筆証書遺言は何時でも書き換え可能で、費用も掛からないため、遺言者にとって使い勝手が良い面があります。しかしながら、遺言を保管している相続人には、精神的な負担と家庭裁判所に行う検認手続の事務的な負担がかかります。かつ、検認手続の場で、反目しあう相続人同士が遭遇する感情的リスクがあることを否定できません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政書士はゴールデンウィークをどうすごすべきか

行政書士の仕事を始めたときから、祝祭日を楽しめなくなりました。 サービス業は日祭日に顧客面談する機会が増えます。 バブルの頃、世の中は売上拡大のため365日営業に向かっていました。 それが収益をもたらすと思われていました。 一方でワークシェアリングによる365日営業が雇用を増やすという考えもありました。 しかしなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうちょ銀行は相続手続民営化推進を

ゆうちょ銀行の相続手続。相続手続実務から顔馴染みの職員さんも多いので、悪口は書きたくないのが心情! ゆうちょ銀行にも投資信託があり利用率は高くありませんが、口座開設キャンペーンのときに投資信託口座を開設することがあります。 銀行に投資信託口座があると、これを解約しないと相続時、普通預金の解約ができません。利息や分配金に利子税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナス金利下の遺産整理

相続財産はプラスとマイナスがあり、どちらの多少で相続するかしないかを判断します。 それを見極めながら、遺産整理手続きに取り組みますが、本日、応対した金融機関の相続センターは、プラスは認めるが、マイナスは相続人本人でないと受け付けられないとの回答でした! マイナスは当該金融機関のカードローンでしたので単純に預金相殺できないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異業種士業グループLBS

LBS (所沢くらしとビジネスを支援する会=行政書士、司法書士、税理士、土地家屋調査士等の異業種専門士業交流会)の発足会を行ったのがちょうど3年前。 この間に複数名の入退会がありましたが、各種相談会、セミナー開催、催事協力に積極的に参加する会員メンバーの交流は深まった気がします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

証券会社の相続手続対応

証券会社の相続手続は、特定口座の承継を伴うため相続人口座への移管が不可欠です。よって手続が面倒との印象がありました。 しかしながら、肝心の相続人の確定や、相続人各自の承認について、法定相続を考慮していないと思わざるを得ない事例に遭遇し、愕然としました。しかも大手で、相続コンサルの専門職が担当でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットバンクの相続手続対応

ネットバンク口座の相続手続が今後、増えてくると大変です。 現在、ネットバンクは約15社、各社特徴があり、店舗があるネットバンクもあり、消費者ローンや住宅ローン融資も行う与信審査に強いところもあります。一方、定期預金、外貨預金、投資信託等の商品も色々と増加し、普通銀行との線引きが難しく、どこまでがネットバンクなのか分かりにくくなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤独死の死亡推定日と投資信託

孤独死された方の相続手続きを担当しました。孤独死と言っても近くに親族が住んでいて、定期的な交流があったのですが、昨年末、突然の病死され、発見まで10日程の期間がありました。このため、被相続人の死亡推定日は特定できず、何日から何日の間に死亡と戸籍に記載されていました。 このケースで金融機関に預けていた商品が投資信託。投資信託の場合、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産整理 銀行手続 No.2

通勤電車に乗って横浜の信託銀行等3行訪問。信託銀行は遺産整理業務や相続業務に強い金融機関のイメージがあるので迅速処理を期待していましたが、全くの期待外れ。特にテレビ電話で対応している信託銀行の専門性と迅速対応には大変期待していましたから、がっかりです。迅速とは言い難いメガバンクの方がスピーディーな応対で、信託銀行はメガバンクより倍の口座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産整理 銀行手続 No.1

日本橋の地方銀行支店を訪問。被相続人の口座解約手続きを申し出すると、窓口の女性が、「当行では取引している支店のみの取り扱いになります」と繰り返す。この銀行で被相続人が開設支店は太平洋に面した街にある。 この様な理不尽な対応は初めてだったので上席の方をお願いし、協議した結果、本日、この支店で書類を受け付けてもらい、その後は、取引支店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育て民主化に向かえ

6/25 朝、出産を控えられた妊婦さんが事務所を来訪されました。その時、所沢市が実施した第二子出産時に育児休暇を取得した2歳までの第一子は市営保育所や認定保育所から退園させられる話になりました。午後からのニュースでは各局が取り上げましたから、FBでも喧騒が起きています。この問題に関する正確な情報や知識が私にはありませんので、議論に参加し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産整理受任と金融機関の対応

遺産整理業務を代行する場合に金融機関の対応がまちまちな面があり、遺産分割協議書に遺産整理受任者を記載していても、それだけでは不十分で、相続人の追加資料を求められるケースがあります。 銀行はメガバンク、地銀、信金、農協等の遺産整理受任者への対応はほぼ統一されているように感じています。但し、各相続人へ振込が出来る場合と、一括して代表相…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

事業承継コンサルは現場を知ることから・・・

3/3 所沢にある中小企業の事業承継のサポートをすることになりました。創業40年、従業員100名程の会社です。創業者社長はバイタリティーがあり事業意欲も高く従業員への気配りもしっかりされています。後継者に引継ぐため会社「磨き」へも意欲的です。 経営者は孤独です。何でも話せる右腕や参謀がいれば、背負っている幾つもの課題につき議論し総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事業承継の失敗案件

2015/2/26 大塚家具の親子バトルが激化。創業社長兼会長と現社長長女が対立し、ここ数年取締役会で解任決議を繰り返していたようです。大塚家具は無借金、自己資本比率74%の財務面では超優良会社。オーナー家として事業承継が最優先されるべき会社です。 しかし、あろうことか経営方針が対立。 優良企業に急成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナー 「事業承継と相続」

2015年2月17日  「事業承継と相続」セミナー。 どちらも次世代に資産を移行させることですが、個人は自然人ですから終末がある一方、法人は生き続けることが可能です。よって、会社経営者はこの二つの面に向き合わねばなりません。また、事業承継の場合は創業者の優れた経営手腕で事業領域が築かれビジネスモデルが持続されています。それゆえに構築され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続では推定相続人を探さざるを得ない

2014/12/28 夜、依頼人の会いたい人を探すテレビ番組が放映されていました。親の離婚や養子縁組で別れた実母や兄弟を探す特集で、色々な事情でいき別れ、永くわだかまった感情や再会への気持ちの整理がつかず苦しまれて来たことが視聴者にも察しがつき感動を与える構成になっています。 私は、相続や遺産整理等の仕事をしていますので、戸籍関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無国籍児と離婚後300日問題

無国籍児問題=離婚後300日問題(民法772条)について日テレ「ミヤネ屋」が放映していました。前夫からのDV被害で転居先を知られては困る等の理由や別居期間中に交際している男性の子を出産したケース等で出生届を出すと、離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と見做され、それを避けようとすると無国籍児となります。 最近、ある地方自治体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネッセの個人情報漏えいによる補償金について思うこと

9/30 私の所にもベネッセから「お詫び」が届きました。対象は20歳の娘。何時頃、何にチャレンジしていたのか記憶が薄れているので、この漏えい事件は関心薄でした。しかし、漏えいした情報項目に電話番号が入っていることを知り、厭な気がします。住所と名前だけならばDM等が送付されるだけで破棄すれば済みますが、電話だとそれなりの対応をしないといけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言による未成年後見人の指定

遺言書は中高年者だけが書くものではありません。15歳以上であれば遺言作成は可能です。ですが、一般的に遺言は必要に迫られ作成します。このため私がお手伝いした遺言者の最高年齢は88歳、最低年齢は44歳でした。 そうした中、今回、30過ぎの女性から遺言の相談を受けました。未成年後見人の指定(指定未成年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離婚届保管サービス

8/31 先日テレビ番組で弁護士事務所等が「離婚届保管サービス」を行っていると紹介していました。夫婦間で何らかのトラブルが発生し、双方が離婚に合意したとき離婚届作成と進みます。しかし、冷静になって熟慮すれば今直ぐに離婚せず暫く様子を見ようと考え直すこともあります。そのとき記入した離婚届を破棄せず、将来、相手方が不当な行為を取ったときに備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口動態データから思うこと・・・高齢化比率を考え直す

高齢者比率は年々高くなる一方で、24.7%と25%超過寸前です。年金破綻を説明するために散々云われてきましたから、特に不思議さは感じませんでした。しかし、少し突っ込んで考えてみると少し違った日本の原風景が見えてくる気がします。 65歳以上の高齢者比率24.7%は全国及び男女計の平均値です。つまり男女計を分解する必要があると思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口動態データから思うこと・・・女性が輝く日本へ

住民基本台帳(平成26年1月1日)による日本の人口動態について総務省(平成26年6月25日)から発表がありました。中高齢者向けセミナーで人口動態につき話すことも多いので開示データを簡単にチェックしてみました。 このデータで気になる主な点は次の5点 1.日本の人口が平成21年をピークに5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦相互遺言は早めに作成しましょう。

最近、夫婦相互遺言を作成する機会が増えてきました。新聞・雑誌、テレビ等で相続や成年後見を扱うケースが増え、また相続税改正適用の時期も控えていることもあり、相続を含む老後対策への関心が高まっていると思います。先月、所沢商工会議所で開催した大手葬儀社セレモア主催のセミナーも定員60名を超えました。私は遺言について話しましたが、受講者は真剣に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言作成最適年齢は70歳?

私の無料相談会のデータ分析では、相談者の80%は天命を知る50代以上で、そのうちの半分は還暦を過ぎた60代です。60代は定年退職し年金生活に入り、親の介護や相続、そして自分の遺言も気にするようになりますが、それ以外の色々な相談が目白押しです。 古希や喜寿を過ぎた頃から遺言相談の比率が高まってきます。時々、相続が未解決なケースも散見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメバチに刺された損害は誰に請求できるのか?

隣りの生垣はベニカナメモチ(レッドロビン)、見事な真っ赤な葉が茂ります。先日、植木職人が剪定していたところ突然作業をストップ。スズメバチの巣が造られているとのことでした。 巣の撤去費用は依頼者負担になる自治体が増えているそうです。よって巣がある家の所有者がバスターに依頼し巣を撤去することになります。数日後、植木職人が剪定完了。巣に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

固定資産税納税通知書で確認すべき点

例年5/31は自動車税や固定資産税第1期の納税期限日ですが、今年は休日なので6/2になります。相続登記や遺言作成等に固定資産税の納税通知書が利用されますので納税後も保管されることをお薦めします。 後、特殊なケースになりますが、課税明細書に土地の台帳地目(不動産登記簿上)と現況地目(課税台帳上)があり、通常の住宅地であれはどちらも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚契約書と離婚

昔と比べて離婚が増えました。婚姻手続きの順番も昔とは違っています。同棲して、入籍して、挙式・披露宴を挙げるというのが増えているようです。一方、出来ちゃた婚も多いようです。 婚姻は別々の環境で育った男と女が、何かの縁で出会い、生涯の伴侶と認め、互いに助け合い、子どもも含めた新しい家庭を築くことになります。職場の上司や仲間、親友・友人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政書士のブログとテレビ放映

ブログを始めてちょうど2年になります。2年間で165本、1年約80本ですから5日に1本というペースで最近は小休止状態でした。しかし、突然、全国放送のテレビ局から電話とメールが入り、取材を受けました。取材をうけたときの私の写真とコメントが、4月始め、朝の情報番組で流れました。 テレビ局の制作担当者とカメラマン、音声担当者、ドライバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more