テーマ:経営コンサルタント

行政書士はゴールデンウィークをどうすごすべきか

行政書士の仕事を始めたときから、祝祭日を楽しめなくなりました。 サービス業は日祭日に顧客面談する機会が増えます。 バブルの頃、世の中は売上拡大のため365日営業に向かっていました。 それが収益をもたらすと思われていました。 一方でワークシェアリングによる365日営業が雇用を増やすという考えもありました。 しかしなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナス金利下の遺産整理

相続財産はプラスとマイナスがあり、どちらの多少で相続するかしないかを判断します。 それを見極めながら、遺産整理手続きに取り組みますが、本日、応対した金融機関の相続センターは、プラスは認めるが、マイナスは相続人本人でないと受け付けられないとの回答でした! マイナスは当該金融機関のカードローンでしたので単純に預金相殺できないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

証券会社の相続手続対応

証券会社の相続手続は、特定口座の承継を伴うため相続人口座への移管が不可欠です。よって手続が面倒との印象がありました。 しかしながら、肝心の相続人の確定や、相続人各自の承認について、法定相続を考慮していないと思わざるを得ない事例に遭遇し、愕然としました。しかも大手で、相続コンサルの専門職が担当でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産整理 銀行手続 No.2

通勤電車に乗って横浜の信託銀行等3行訪問。信託銀行は遺産整理業務や相続業務に強い金融機関のイメージがあるので迅速処理を期待していましたが、全くの期待外れ。特にテレビ電話で対応している信託銀行の専門性と迅速対応には大変期待していましたから、がっかりです。迅速とは言い難いメガバンクの方がスピーディーな応対で、信託銀行はメガバンクより倍の口座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育て民主化に向かえ

6/25 朝、出産を控えられた妊婦さんが事務所を来訪されました。その時、所沢市が実施した第二子出産時に育児休暇を取得した2歳までの第一子は市営保育所や認定保育所から退園させられる話になりました。午後からのニュースでは各局が取り上げましたから、FBでも喧騒が起きています。この問題に関する正確な情報や知識が私にはありませんので、議論に参加し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事業承継コンサルは現場を知ることから・・・

3/3 所沢にある中小企業の事業承継のサポートをすることになりました。創業40年、従業員100名程の会社です。創業者社長はバイタリティーがあり事業意欲も高く従業員への気配りもしっかりされています。後継者に引継ぐため会社「磨き」へも意欲的です。 経営者は孤独です。何でも話せる右腕や参謀がいれば、背負っている幾つもの課題につき議論し総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事業承継の失敗案件

2015/2/26 大塚家具の親子バトルが激化。創業社長兼会長と現社長長女が対立し、ここ数年取締役会で解任決議を繰り返していたようです。大塚家具は無借金、自己資本比率74%の財務面では超優良会社。オーナー家として事業承継が最優先されるべき会社です。 しかし、あろうことか経営方針が対立。 優良企業に急成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナー 「事業承継と相続」

2015年2月17日  「事業承継と相続」セミナー。 どちらも次世代に資産を移行させることですが、個人は自然人ですから終末がある一方、法人は生き続けることが可能です。よって、会社経営者はこの二つの面に向き合わねばなりません。また、事業承継の場合は創業者の優れた経営手腕で事業領域が築かれビジネスモデルが持続されています。それゆえに構築され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネッセの個人情報漏えいによる補償金について思うこと

9/30 私の所にもベネッセから「お詫び」が届きました。対象は20歳の娘。何時頃、何にチャレンジしていたのか記憶が薄れているので、この漏えい事件は関心薄でした。しかし、漏えいした情報項目に電話番号が入っていることを知り、厭な気がします。住所と名前だけならばDM等が送付されるだけで破棄すれば済みますが、電話だとそれなりの対応をしないといけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危ない会社の売掛金を回収するコツ というセミナー

2014年1月15日に所沢商工会議所で開かれるセミナー案内を見ていたら、講師の名前に心当たりがありました。しかし、思い当たる人物は、サービサー会社に勤務しているはずだし、起業家精神が旺盛というイメージはありませんでした。同姓同名は世の常ですから、私は講師のホームページを覗くことにしました。驚きました。よく知っている顔でしたから・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賃金未払残業代請求と労働審判

昨年10月末に残業代未払い請求に関する相談を受けた案件が年末に円満解決となりました。労働審判も想定し知合いの社会保険労務士や弁護士の意見も聞きながら相談者と10回を超えるメール交換を行い、相談者との面談をしたのち、相手方に残業代未払いに関するお願状と時間外労働時間を集計した資料を送付しました。 その後、相手方からは、調査する時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀行向け月刊誌の特集 「支援打ち切りと債権回収」

今月発売された銀行員向けの専門月刊誌の特集は、経営支援打ち切りと債権回収です。債権回収の文字が表紙にでるのは久々のことです。 金融円滑化法が今春終了し、参議院選挙を無事通過し、消費税もすんなり上がりました。景気が回復し、インフレ基調に入ったという実感はまだ湧きませんが、オリンピック開催やリニアの話も出てきて、先行きに明るさが見えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービサーのコンサル案件 夜明け前に備えて

アベノミクスの先行き期待が高まる中でオリンピック誘致、そしてリニア計画等、国土強靭化計画につながる大型イベントが決定したり、設備投資が発表されています。 一方では大震災の復興事業や福島原発処理等の大きな課題、そして新しい設備投資ではなく既存設備の補強、改修への取組も数多くあります。 限られた財政、税収、そして労働人口で、何処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆踊りと臨時出店届

お盆の夏休み真っ只中、近隣の主要道路は車が少なくなっていますが、役所に来られている市民も比較的少なめに見えます。職員の数はいつもと大差ない感じもします。最近の役所の窓口は、こちらが近寄ればカウンターの近くに座っている若い職員が立ち上がって迎えてくれます。昔はこちらから声をかけないと決して顔さえあげてくれませんでしたから、随分サービス精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ 「風立ちぬ」のメッセージ

映画館でチケットを購入したとき渡されるカードに「映画をご覧になったあとに・・・」とありました。こうしたメッセージがあると日本人はまず見ることをためらうと思います。そして、映画を見た後、このメッセージは映画の本質でなく、単なるスポンサーから・・・? 以前も書いたように小説「風立ちぬ」のヒロインは節子で油絵を描く少女で、小説「菜穂子」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融円滑化法終了 事業リストラの再点検

金融円滑化法でリスケ申請した企業は30~40万社で、そのうちの5~6万社は企業再生や事業再生が難しいと云われています。この数値は金融庁が発表した一部の累積された集計値に基づく憶測で、申請した企業数や実態としての債権残高は依然開示されていませんから藪の中です。 幸い金融庁、中小企業庁等のリードや中小企業支援ネットワークの構築で、金融…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

認定経営革新等支援機関

所沢商工会議所の会報誌5月号(5/10発行)に金融円滑化法(モラトリアム法)関連記事の掲載がありました。「資金繰り対策ー資金繰り上手は経営上手」と「リスケ企業救済に405億円の補助金」というタイトルで、どちらも税理士幹部が書かれたものです。 金融円滑化法が前年度で終了しましたが、引続き、金融機関に対する行政指導で、この法律の骨子や…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

謄本の発行手数料は安いか?

今年度から不動産登記簿謄本の発行手数料が下がり印紙代が安くなりました。しかし、バブル以降の失われた20年前と比較しても値下がりした感じがしません。それよりも昔は一筆350円でしたから・・・。当時は閲覧してから必要な謄本を請求していました。 パソコンはなく、大型コピーに和文タイプで打たれた登記用紙の謄本は今よりも厚めの紙質でした。測…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サービサー交流会 更に高いステージに進めるか

4/25夜 銀座ライオンでサービサー交流会「四季会」に出席しました。ここ最近は40名前後の参加でしたが、今回は70名超と大盛況で円卓が満席で、旧知のメンバーともゆっくりと話が出来ない状況でした。 始めて参加されている若い方も多いように見受けられたので、感じに聞くと、弁護士事務所からの参加も増えたとのことでした。サービサーからパラリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中小企業の事業再生 「目利き」を育てるには?

金融円滑化法終了を目前とした本日の日経教室で大阪大学教授小川一夫氏が「中小企業の『目利き』育てよ」提唱されています。地域金融機関は取引企業のネットワークのハブ(軸)であり、地域金融機関は色々な業種毎の財務データと分析能力があるのに、技術的な専門知識を持つ人材が不足していて、「各企業の技術特性を活かした経営計画を提示することには限界がある…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

行政書士連合会の事業承継シンポジウム

昨日、東京品川駅傍の東京コンファレンスセンターで日本行政書士連合会と東京都行政書士会が主催する「事業承継シンポジウム」が開催され参加してきました。定員250名でしたがほぼ満席で会場の状況はインターネット配信されているとのことでした。 不良債権処理が落ち着いてきた2008年10月施行の経営承継円滑化法で非上場株式に係る相続税や贈与税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建設業が立ち直るために知るべき現実 (ヒト) 

今年初め、日本建設業連合会は自民党と国土交通省に要望書を出しました。公共事業の発注にあたり大工・左官の職人不足で上昇傾向にある人件費を適切に見積もってほしい、という内容です。大震災の復興事業で一部人件費が高騰し公共工事の入札で落札者が出ないということもありました。 一方、国土交通省は社会保険等の未加入対策として、今後5年を目標に建…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「まきばの湯」の閉館につき思うこと

先日、先輩行政書士が埼玉県日高市にある、高品質のハム・ウィンナーを製造販売している「サイボクハム」で、美味しそうなランチを食べているとSNSに書き込みがありました。所沢から日高市までは車で約30分で行けます。 この「サイボクハム」は国際コンクールに出店し名誉ある賞を毎年受賞している、結構知られた工場店舗で、休日には観光バスも立ち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

時は金なり! 経営者はヘッジを忘れずに?

高度経済成長のとき、高速道路の建設が人の移動や物流に費やす時間を大幅に短縮させ、車、船舶、飛行機は安全性を確保しながら速度を競ってきました。その反対給付が利用料金で、速くなるに従って料金が高くなるのは当然という価値観に繋がっている気がします。まさに時は金なりです。 昔の情報伝達手段は人伝や手紙でした。飛脚、狼煙、反射鏡等を利用し、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

企業再生支援機構は名前を変え生き残る?

今日、またひとつ、延命される機構が閣議で決まりました。創業構想期は「地域力再生機構」、生まれたときは「企業再生支援機構(ETIC)」、そして、今回のリ・バース予告により「地域経済活性化支援機構」と出世魚のように名前を変えながら成長を続けています。 「企業再生支援機構」は、5年の時限立法で設立された「産業再生機構」が期限前に発展的な…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

金融円滑化法最終年度3Q 再延期の可能性は?

2012年第3四半期は総選挙がらみで転換期になりました。政治では自民党が3年超ぶりに政権に戻り、円高基調が円安基調に、株式相場が株高にと転換しました。自民党の国土強靭化計画でインフレ脱却に向けた更なる金融緩和と公共投資を大幅に増やすという政策を期待する国内外の支持の表れなのでしょう。 また燐国、中国、韓国等の領土問題やオリンピック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずは建設業の赤字受注の解消を!

建設業界は赤字受注が多い業界です。地域密着の労働集約型産業で色々な専門工事業種毎に労務費がかかり、工事に伴う労務費は売上原価に含まれます。このため材料費と労務費が予算オーバーすると売上総利益(売上高-売上原価=粗利)がゼロ以下となり、結果としての赤字受注になるのです。 但し、問題は結果としての赤字受注ではなく、元々赤字になることが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金融円滑化法出口戦略 銀行とサービサーをつなぐ

旧知のサービサー会社社長と会談したとき、事業再生や債務整理においてサービサーを活用するスキームが適用できたときの醍醐味を語ってくれました。但し、具体策はケースバイケースですので、一言では言えません。 銀行員は金融法務の知識や決算書作成に秀でています。中小企業経営力強化支援法で認定機関に金融機関が無条件に入っているのは、ファイナンス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サービサー交流会に参加して来ました No.2

冬のクリスマスムードで華やかな銀座で開催されたサービサー交流会に参加して来ました。今回も40名相当のサービサー関連の人達が集い、立食でお酒を飲みながら、情報交換や意見交換を通じ親交を深められるソフトなパーティーでした。 冒頭、協会より「UFJ債権回収」が法務省より業務改善命令が出たと云うショッキングな話がありました。「従業員による…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金融円滑化法出口戦略 自主廃業を勧められた?

金融円滑化法でリスケ要請した企業は3年以内に経常利益の黒字化、5年以内に債務超過を解消、10年以内の返済期間を財務指標にした経営改善計画を策定することが求められています。しかし、売上高が右肩上がりになるのは極めて厳しい経営環境ですから、どうしても経費削減、人件費削減、人員削減等に向かわざるを得ません。 しかし、中小企業の人員整理は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more