所沢LBS 行政書士の事業承継 遺言 相続 離婚

アクセスカウンタ

zoom RSS 遺言・相続のセミナー講師

<<   作成日時 : 2013/09/04 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月8月30日に公民館ホールで遺言・相続及び相続税に関する講演会があり、知合いの税理士と約2時間強、講師を担当しました。受講者は100名超と多く、熱心に話に耳を傾けられ、質疑応答も6件ほどの質問がある等、講師としては満足のいくものでした。

所沢市には高齢者大学があり、毎年男女各80名、計160名が入学し、約一年間、月3回の講座が所沢市役所の大会議室で開催されています。今回の講演会は、今年、この大学を卒業された36期同期会が主催するものでした。

高齢者大学では受講生をグループ分けして、グループ単位での自主研究や成果発表も行われているようで、1年間同期生として付き合いして来た同窓意識みたいなものがあり、和気あいあいとした雰囲気がありました。私は、所沢市の生涯学習センターにボランティア人材の登録をしていますが、このセンターで「人材フェスティバル」が開かれたとき、この同期会幹事と知合い、その後、講演会の依頼となった次第です。

この高齢者大学の入学資格は所沢市内在住の60歳以上の方で、受講料は年間6,000円と超格安です。日本の政治、環境問題、郷土史、裁判員制度等、郷土と現在のテーマから、海外旅行英会話、リズム体操、フェイスストレッチング、カラーセラピー、口腔ケア、笑いと健康、そして合唱等のオシャレや健康維持管理に関するテーマもあります。

また、ボランティア活動、シニア人材バンク、長生クラブ(老人会)等の高齢者の社会貢献・活動への案内も行われ、高齢者をとりまく法律問題、尊厳死等の講義もあるようです。いずれもその道の専門家による講義ですから最先端の情報と基礎知識が学べるよう工夫されています。並びにハイキング、ボウリング、パソコン、テニス、詩吟、マージャン等のクラブ活動もあり、入学して始めて知合った同期生との人的交流が深まるようです。

但し、何らかの理由で、途中で退学?する方もあり、前年度の卒業生は120名でした。現在の卒業生は3,200名超で、同期会連合会もあり、同期と先輩・後輩同期会との交流もあり、今回の講演会にも36期だけでなく現役37期や先輩同期会からの出席があったそうです。

36期生の平均年齢は67〜68歳で、65歳まで就業したあと、高齢者大学に入学するケースが多いようです。定年延長と年金問題も影響しているのでしょう。

所沢市の高齢者は約7万人ですが、長生クラブ加入者が8千人位と聞いたことがあります。高齢・加齢とともに高齢者の幹事役、世話役の空洞化も進むため、組織を維持することは大変な事だと思います。しかし、高齢者に関する諸問題を学んだ経験がある人が増えると、親の介護、親からの相続、自身の後見問題、そして遺言等の予防法学への関心も高まり、早めに相続しやすい資産ポートファリオへの取組に着手できるメリットがあります。

講演会会場では、主催者が用意したアンケート用紙が配布され、講演後回収されていました。そのアンケート結果はまだ聞いていませんが、地域社会では、同期会のタテ・ヨコの連絡網を通じた口コミの影響力がありますから、プラスに働くことを切に願っています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遺言・相続のセミナー講師 所沢LBS 行政書士の事業承継 遺言 相続 離婚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる