所沢 グラウンド・ゴルフ大会

昨日、所沢市で開催されたグラウンド・ゴルフ大会に参加して来ました。といってもプレーした訳でなく大会運営のお手伝いをしただけです。当日は薄曇りの好天でしたが、ここ最近雨があまり降らず乾いたグラウンドは風が吹くと土煙りを上げ、終わったときには砂ぼこりにまみれていました。

この大会は大手の仏壇・仏具販売と葬儀を執り行う会社が昨年から開催し、今年が2回目でした。各市の長生クラブや老人クラブ連合会から選抜されたプレーヤー約200名が参加されていました。所沢市、狭山市、ふじみ野市、坂戸市が第1回大会から、そして今回から川越市、鶴ヶ島市が参加する埼玉南西部の大会へと発展したようです。

私はグラウンド・ゴルフを見るのは初めてで、幸いにも大会委員長である狭山市の老人クラブ会長から直接、ルール等を聞くことができました。大会は1コース8ホールのグラウンドを4コース回り、合計打数が少ないプレーヤーが上位に成ります。標準コースは50m、30m、25m、15mが夫々2ホールあります。

始めにスタートマットと呼ばれる台にテニスボール位のボールを載せ、ゴルフのパータを倍の幅に、長さを半分にしたようなクラブで弾きます。ボールは地を這うように転がりホールポストを目指す訳ですが、土地のグラウンドが相手ですから弾く強弱やコントロールで距離感や方向性が変わってしまいます。また、ホールポストは三脚の真ん中に軸と周りを囲む円型の輪があるだけで穴はありません。

このためホールポストに寄せてもここを通過するボールが後を絶ちません。このホールポストに入ることを「泊り」と云うそうで、グラウンド・ゴルフという競技が島根の泊村で考案された由来とされているそうです。

試合は4面のグラウンドで6人の組が32組同時スタートし、各ホールを巡回する方式で進みました。30m以上の長めのコースは平均的に3打、短めのコース2打でまとめると合計打数は80になります。しかし、グラウンド・ゴルフの特徴はホールインワンをした場合、特別にマエナス3打の特典がつくことです。よって、上位入賞を果たすためにはホールインワンを複数回達成することが不可欠になります。実際、優勝された方は69のハイスコアーでした。32ホールですから平均打数は2.15となります。

また、一組6人の組合せは各市1名ずつと云うことになり、組には1名のリーダーが指名されスコアーカード記入やホールの進行を進めて行きます。始めて知合った人達の交流も進むことに成ります。ボールが空中を飛ぶことはないため、サッカーのハーフコートの1コースに48名のプレーヤーが競技に参加している訳ですが、安全性は高く、ご老人でも怪我される心配はまずありません。なかなかうまく考案されたシステムだと思います。

午前の部に2コースをラウンドし、午後に残りの2コースを回ります。1コース30分位ですから競技そのものは2時間です。途中、お弁当を食べ、表彰式まで含めて約6時間ありますから、比較的のんびりと運営されているように見えます。

しかし、裏方としてタイムスケジュールに接すると、大会当日に向けた入念な打ち合わせと準備が行われていることに気付かされました。やはり、葬儀と云うイベントを行う会社のノウハウとスキルが随所にありました。また、葬儀社の役員も5名程参加されていましたが、役員自身がスタッフとして率先して動きまわり、周囲への気配りされている姿も多くみられ、清々しさを感じました。

更に、高齢者中心の大会ですから、万一、体調を崩された方が出た場合に備え、緊急時サポート車両と専門スタッフも待機していました。こうしたさり気ない気配りができる会社は今後も成長する気がしました。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






この記事へのコメント

crumpluri
2013年11月05日 16:02
さになってして念入りにも丹念に調べを考慮に入れかかわらず。しかしながら、あなたはあ奉納と忍耐 アグ ブーツ レディース , Make each one move wonderful. Any time you read through the opt-in list it is going to ultimately surpass serotonin levels which can alter it's actually thinking of.

この記事へのトラックバック