所沢LBS 行政書士の事業承継 遺言 相続 離婚

アクセスカウンタ

zoom RSS 金融円滑化法と経営力強化支援法

<<   作成日時 : 2012/11/24 19:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今年11月始めに発表された認定経営革新等支援機関として行政書士が一名のみ認定されていました。この認定制度は経営力強化支援法施行に基づき始まったもので、今回は金融機関、弁護士、公認会計士、税理士、中小企業診断士を中心に認定を受けています。この行政書士の方は10年以上前から中小企業の再生や知的資産経営への支援活動を行って来られているようです。

経営力強化支援法は金融円滑化法の終焉を引き継ぐものと云われていますが、経産省や中小企業庁が提唱して来た知的資産経営や平成20年に施行された経営承継円滑化法の延長線上に位置するものとも云えます。

この経営力強化支援法の施策で「中小企業が外部の専門家の力を借りながら経営改善に取組」めば保証協会100%保証融資の延長が可能で、その外部の専門家として「認定経営革新等支援機関(個人も可)」制度が導入され、全国で4千〜1万社(人)の認定を目標にしているそうです。また認定は3年ごとに実績を見ながら更新する予定になっています。

認定基準は財務、金融、及び企業財務に関する専門的な知識や実務経験が一定レベル以上にあることを国(経済産業局長)が認定するもので、事業再生や経営革新計画の主たる支援者としての実務経験が求められています。実務経験がない場合は20日間の理論研修と試験を受ける必要がありますが、まだ研修制度も始まったばかりで受講の機会は限られているようです。

この認定制度を導入した背景には金融円滑化法終焉があります。ソフトランディングに向けた国の施策として、リスケ要請中の中小企業の内、約5〜6万社が転業、廃業或いは破綻すると予測される中、またボーダーライン上に多数の企業が存在していますから、これらを意識した認定目標になっている気がします。

20世紀末の不良債権問題以後、民事再生法、私的整理ガイドライン、整理回収機構(サービサー)、産業再生機構、中小企業再生支援機構、支援協議会、事業再生ADR等々の再生支援の法律や機関等が整備されてきました。一方、中小企業の経営力強化や事業継承を円滑に進めるための施策も講じられてきました。

しかし、緊急保証制度による国の保証比率が高まり、少子超高齢化で年金制度が疲弊し、大震災と原発問題に加え、中国との関係悪化、グローバル化による家電企業の輸出産業の業績悪化等々、更なる景気後退観測が高まっています。また政治も混迷を深め国内には閉塞感が満ちている気がします。

黄昏て行く今の日本において新しい産業や地域経済を救済する画期的な政策が見当たらない状況の中で、今冬、衆議院総選挙が始まります。景気後退・倒産増加を防ぐ策として、或いは、地域有権者の支持を得ようと、金融円滑化法の再延長論が再浮上しているようです(11/23日経ネット、11/24読売新聞)。

仮に金融円滑化法が再度延長された場合、リスケ再要請も当然増えるでしょう。金融機関から支援打ち切りされることも回避され廃業・倒産の憂き目に遭わずに済む中小企業の数も増えるはずです。しかし、それだけでは、その危機が少し先送りされただけに過ぎず、経営改善の問題解決にはなりません。

企業会計の健全化、知的資産経営による自社の強みと弱みを深く掘り下げ、ビジネスモデルを再構築し、余剰キャッシュフローが出る経営に転換しないと、債権者、取引先、従業員、株主等のステークホルダーへ、知的資産の把握・活用および定性情報の開示が出来ず、商事取引先からの退場命令が出る可能性があります。

また、中小企業の経営者高齢化と事業承継策も知的資産経営と同じ視点で取組むべき課題です。但し、事業承継は経営権の円滑な承継を行うため相続税・贈与税や遺留分等の制度上の支援を活用したり、後継者教育、関係者の理解等も含めた長期的な、かつ用意周到な事業承継計画の策定が重要になります。

民主党政権が誕生した時に金融円滑化法は誕生し施行されましたが、この3年間で政治不信だけでなく行政に対する不満も強くなっています。しかし、行政府は中小企業の経営力強化に向けた色々な仕掛けを整備して来ました。但し、行政はそうした支援体制やコンサルティング機能を地域金融機関に丸投げし、金融機関の組織体力の低下もあり、中小企業側が十分に活用出来ていないことが現状のような気がします。

大手金融機関は、リスケ要請先で厳しいと思われる取引先の9割以上に付き、経営改善計画の策定等のコンサルティングが済んだそうです。他の地域金融機関が同様の進捗率とは思えませんが、計画策定が済んだ同業他社はアクションプランを積極的に進めて来ます。よって、取組に着手されていない企業は、金融円滑化法の行方に依存せず、生き残りに向けた、早めの対応と専門家の活用をお薦めします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 靴
金融円滑化法と経営力強化支援法 所沢LBS 行政書士の事業再生ー詩人の経済学 /ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/03 18:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金融円滑化法と経営力強化支援法 所沢LBS 行政書士の事業承継 遺言 相続 離婚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる