所沢LBS 行政書士の事業承継 遺言 相続 離婚

アクセスカウンタ

zoom RSS 金融円滑化法出口戦略 地域再生ファンドは中堅会社しか支援できない

<<   作成日時 : 2012/10/02 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

9/12に日経新聞が「地域再生ファンドの創設する動きが始まる」とトップで報じた以降、金融円滑化法や地域再生ファンドに関する記事が増えて来ました。同日、私は「金融円滑化法対策 地域再生ファンドは期待できるか?」のコラムで、成功・失敗体験をきちんと整理すべきであり、単に金融庁の指導に基づきファンドを創設しても、それが機能しないと「延命」先送りになると指摘しました。

9/27の日経ネットでは野村証券の佐藤雅彦アナリストのコメントとして「これまでも地銀が再生ファンドを作ってきたが、成功事例は少ないと指摘」しています。また、信金の担当は支援体制やマンパワー面から「再生支援は債権額の大きな企業などに限られる」としています。

中小企業と云うと中堅、中企業、小企業、小規模、個人事業主等、全てを網羅しているイメージを与えますが、行政府や銀行は地域における中堅企業や老舗企業が破綻した場合、取引先や下請け等への連鎖倒産を引き起こしかねない企業を優先して対応します。この意味での中小は中堅企業(売上規模20〜50億円以上、従業員200名以上)を想定していると判断すべきと思います。

よって、それ以下の事業規模の中小・小規模事業の場合は、経営者自身が経営改善事業策定に本気で取組、そこで導き出したアクションプランの実施とトレースを行う必要があります。その過程において、縮小均衡策のリストラを並行させながら出血を止め、余剰キャッシュフローが出る仕組みを構築しなければ、金融機関は「計画事業の持続可能性が見込めない先」と判断し、担保処分や自主廃業を勧めてくることになります。

たぶん、地域再生ファンドが各都道府県に創設されても、ここが債権買取する取引先は地元の中堅会社であり、件数的には多くありません。ターンアラウンドの手法も基本的には経営者等をファンドが派遣し、「銀行管理」状態の中で、更なる集中と選択、業務拡大策支援を実施したり、M&Aや会社分割等の外科的手術等を検討することになりますが、スポンサーとなる同業他社から見て、当該企業に魅力的なものがあるか否かで方向性が決定されると思います。

事業再生の業務は専門知識が必要ですし時間もかかります。また、役職員の再生に向けたベクトルが一致していないと挫折します。新規事業や会社創業さえ大変なのに、会社再建は負の部分を抱えたところから始まるので、更に大変で困難を伴う、との話をよく聞きます。出来ればそうしたいものですが、窮境事業者は再出発するにしても眼下の課題につき何らかの解決を選択しないことには前に勧めません。

マスコミ報道で金融円滑化法が取りざたされるのは最終期限後のリスケ要請企業がこの先どのような事業継続策を講じるべきかと云う点と、地域金融機関の健全性は大丈夫なのかと云う点に社会的関心が高い事にあるのでしょうが、長期デフレ経済の反転が見えないどころか、大震災の復興事業も思ったほど進まず、ここにきて中国との関係が悪化し、景気も一層悪化する可能性も高くなっていますから、景気拡大による売上成長路線が描けないことにあります。

経営改善計画さえ策定していない企業が多いとの商工会議所のアンケート結果もありましたが、建設業にしても定期的な請負が予想できないと計画を立てられません。ストックビジネスではないスポット的な売上に頼る業種や事業は計画策定が難しく、銀行向けに計画を作ってもリスケ承認を得るための努力目標になって実績が乖離しているケースも多いようです。

今年度も半期決算を迎え銀行は債務者格付と貸倒引当の見直しを行いますが、その結果、次回のリスケ延長が困難な企業には不動産等の担保処分を勧めてくるでしょう。しかし、中小・小規模事業者の場合、担保不動産は店舗、工場、自宅等の本業や生活に不可欠なものですから、事業廃止する決断をされるにしても、事業継続したい場合においても第三者のコンサルタントや専門家にも相談されるべきと思います。

銀行が不動産処分を勧めるとき、既に、金融支援から回収へと方針を転換しています。よって、銀行の要請により担保処分しても売却代金は銀行借入金の返済に充てられますし、その後、預金相殺、債権譲渡と進むことになります。そしてサービサーに移管後、債務整理へと進むでしょう。

しかし、事業継続する決意があれば、色々な再建策が検討出来ます。中小企業支援協議会への案件相談等の私的整理だけで解決できそうになければ、民事再生法での再建策も講じるべきです。支援してくれるスポンサーがいれば早期解決も可能かもしれません。中小企業は自助努力が原則です。金融円滑化法出口戦略政策パッケージで救われるのは中堅企業だけと割り切って、独自の対策を講じ、積極的に地域金融機関と協議すべきです。そうした相談をお待ちしています。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 靴
金融円滑化法出口戦略 地域再生ファンドは中堅会社しか支援できない 所沢LBS 行政書士の事業再生ー詩人の経済学 /ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/03 13:41
レイバン サングラス
金融円滑化法出口戦略 地域再生ファンドは中堅会社しか支援できない 所沢LBS 行政書士の事業再生ー詩人の経済学 /ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/06 03:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金融円滑化法出口戦略 地域再生ファンドは中堅会社しか支援できない 所沢LBS 行政書士の事業承継 遺言 相続 離婚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる